こけもも日記

イラストレーター&漫画家なかしまの徒然日記。※掲載されているイラスト・漫画・画像等の無断転載を禁止します。

LIVE

イィーーーーーネ!!

ただいまィ横浜赤レンガ倉庫、大人のミュージックラウンジ、モーションブルー!

昨年末、ダメもとでキャンセル待ちを申し込んでおいたら、昨晩遅くに「空きました〜」と電話が!!

いい事はあるもんだね。

この場所で観るにふさわしい、最高の横わけハンサムボーイに会ってきます!
腰砕けてきます!

観るのはもちろん、マリンタワーの名誉館長でもある横浜の雄!
画像1

画像1

剣さん!!!

イィーーーーーネ!!!!

画像1

ありがとう。

…感情が忙しすぎた!
泣けて泣けて仕方なかった。
いまも荒ぶってて眠れない。
高ぶりすぎて頭痛い(笑)

怒髪天というバンドの人となりが見て取れる、人間味溢れるライブだった。
こんなに愛のあるお祭り騒ぎ、他にないよ。
月並みの言葉しかでないけど、心から思う。

良かった。最高に良かった。

様々なライブで受け取った言葉や、
焼き付いてる景色、いろんな思い出が
まるで走馬灯のように浮かんできて、感傷に浸りながら燃えてきた。


会場の景色もすごかったなぁ。
たくさんの人の振り上げる拳が
まるで風に大きく揺れる、実りに実った麦の穂のようだったよ。
…フラワーロックばりにずいぶんと激しく揺れる黄金色のじゅうたんだったけど(笑)

そして30年歩いて辿り着いたあの美しい景色は、長い長いデコボコ道のほんの途中なんだろう。
その道中を草葉の陰からチロリと覗かせてもらって、少しでも一緒にお供できて、心から嬉しい。


誘って集まった面子も、私も含め、必然的にいま怒髪を見るべき時に集まったような境遇だった。

それぞれの「ど真ん中」、胸に抱いて歩いて行きましょう。

大きな大きな元気玉、もらったからね。
俺たちゃまだまだ行けちゃう野郎ども、ですよ。


これを節目にライブ観戦から少し距離を置こうと思ってたけど…こんなに楽しくて愛しい思い、お預けなんてちょっと出来ないな!(笑)
厳選して行こう、うん、そうしよう(^^;;
画像1

画像1

画像1

画像1



九段下、武道館。

画像1

大きな玉ねぎの下。
グッズの長蛇の列並び待ち。

急遽、漫画家友達誘った。
2年ぶりくらいに会う。
せっかくの一階席、空けとくの勿体無いからね。

なんかドキドキしてきた。
なぜ私が緊張せないかんの(笑)
泣くかな、今日やっぱり泣いちゃうんだろうか。

Tシャツは私の『はじまりのTシャツ』、D-STANCEツアーのデコトラT。
久々に着たらピッチピチ!(笑)

あ、買いたかったTシャツ、ソールドアウトになってら。。
画像1

えーと。。。その1

トントン。

もしもし。。

あの…大変ご無沙汰しております。


きっと登校拒否児が久々に学校行って教室のドア開ける時の気持ちって、こんな感じなのかな?
いまわかる!君の気持ちが痛いほどわかるよ!!


というわけで☆
6/2にインドを出て、三週間アホみたいに外出歩いて人と会って疲れてちょっと鬱っぽくなったりして、その中でも時計の針戻したみたいな貴重な再会に恵まれて得るもの得て、23日名古屋発の便で再度インドへ戻ってきました。

とりあえず、帰国の際の思い出話〜身内編〜
たった5ヶ月会わなかっただけで、ものすごい勢いで成長していた姪っ子たちに一番ビックラこいた。

↓ジャングルジム頂上で、すごい誇らしげな姪っ子。いつのまにそんなに力強く登れるようになったの?
IMG_6765


↓ちょうど田植えの時期でした。水をたたえた田んぼと柔らかな緑が美しかった。。
IMG_6826

IMG_6841


↓尾鷲の海がどうしても見たくて、父にお願いして連れて行ってもらった。一緒に姪っ子二人連れて、1日ママ体験。愛おしい時間だった。
IMG_6974


↓インドではなかなか見れない美しい夕焼け空。
IMG_7006

大芸

大阪芸大祭へ怒髪天のライブ観に行ってきましたよ。
芸祭だから無料だしっ!
京都の磔磔イベントで〆とくつもりでしたが、年末までに、ど〜〜してもやっぱりドカンとライブ体感しておきたくて。

大芸遠かった!
乗り換え多くて移動大変だった!
でも行って良かったーー!
楽しかったぁーー♪

『武蔵野流星号』、良い歌だなぁ。可愛いな。人を愛したくなる。

『雨上がりの夜空に』のカバーに、いつもグッときて涙が出る。

そして『宿六小唄』がこれまで以上に沁みたなぁ…。

♪自分の事もできない俺に
お前の涙を拭えるはずあるものか

昔から思ってたけど、女にも当てはまるんだよね。
ライブ中なのにふと魂抜けて…ほんとゴメン、て過去の笑顔に謝ったりした。


予想外に結構な曲数をいつもの軽妙トークと一緒に(笑)炸裂させてくれたので、大満足。
なんかすっごいスッキリ。

金曜〜日曜まで、観たいものに触れ、聞きたい音に痺れ、会いたい笑顔と再会し、欲望の限りを尽くして、気が済んだ(^_^;)
落ち着いたわ。

♪どちらにしようか迷ったら
どっちがロックだ?コレで決めるぜ!

これからも『ロクでナシ』の精神で
チョイスしていこう。

さーー、動くぞ!!

画像1

↑ライブのあった講堂。
さすが私学、立派で綺麗。



Que

行ってきました。
Lonesome Dove Woodrows ワンマン@CLUB Que。

2時間ガッツリ、リズム&ブルーズとブギーとRock&Rollの雨に打たれてきた。
雨なんてもんじゃないか、散弾銃だわ(笑)
貫かれてきた。


気持ち良かったー。。
これが正直な感想。

はしゃいで騒いで汗かいて気持ちよい、という単純な事ではなくて、不完全燃焼感の無い、全部楽しみつくせた、弾けつくせた、というスッキリとした充足感。

全身に浴びた!っていう心地よさ。満足感。

やっぱワンマンっていいね。
求めている音だけに包まれ、好きな音だけに集中していいだなんて、贅沢の極み。

まだ『SKIPP'N OUT』聞くと泣けちゃうな。辛い時期に目一杯聞いた、底抜けに明るくて楽しい前に向かう曲だからなんだろな。

そしてやっぱり『BLOOD HOUND TRAIL』で見せるターシさんの銃口向けてくるような表情に、相変わらずゾクゾクするのです。


さ、これをガソリンにして頑張ってまいりますか♪
…エコバッグプレゼントに応募してくるの忘れてしまった事だけが悔やまれますが… _| ̄|○


さ、大好きな『アリス』聞いて寝よう。



先客…

曲目数は少なかったけど、相変わらずウッドローズはカッコよかった!
しっぶい声とギターとR&Bにシビれて。
途中、ぎこちなく、だけど楽しそうにビートにのる最前の高校生君にターシさんがグイグイ絡み、頭をクシャクシャッと撫でて笑ったのを見て、なんかグッときたりして。

元上司であるSiX-DOGシャチョーともあれこれ話して。
太く短くわがままに生きて行きましょう、なんて話にまとまり、上機嫌&感慨深い気持ちで帰ってきたら。

ら。

トイレに。先客が。

画像1




…「きゃーーー!」


女みたいに叫んでまったがな。
いや、いいのか。
女の子だがな。

実はこやつ、半月ほど前にも深夜のキッチンで遭遇していて、その時もきゃーーーー!…と。

そして今回も
前回同様

見なかった事にして

扉を

閉めて、寝る。。



ほんと苦手なんだ。。
カブトムシの幼虫は普通に触れるけど

デカイ蜘蛛と
蛾と
ゴマダラカミキリは

本能で嫌い。キライ!大キライ!!
いっちょん好かん!

ちなみに101匹わんちゃんで有名な
ダルメシアン犬もなんか苦手。
ゴマダライヌ、と呼んでいる。


あぁ…せっかく幸せ気分で寝れると思ったのに。。

出てってくれないかな。。





新栄の

ライブハウスSiX-DOGに来ましたよ。

ロンサムダヴウッドローズとサムライズムのツーマンだと勝手に思っていたけど、若い子バンドが他に2、3バンド出るそうで!
高校生バンドとか観ちゃったよ(笑)

お客さんも若いのぅ。
肌がピチピチだのう。

所在なく立ち尽くすなう。


モテ◯アス40!!

怒髪天メンバーさん、クドカンさん、リリー・フランキーさんという、濃ゆい40代シャベリ場in京都磔磔観てきた!!!

もーーーー今世紀最大&最長に笑い転げてきた(笑)
あぁ涙出た(笑)
なんなのもーオモロすぎだよ!
なんて自由な永遠の“男子”たち!
何回「ウ☆コ」と聞いたか分からん(笑)
笑い過ぎて咳出たわ(^◇^;)

前半戦のトークでは、40代『大人』に必要かつふさわしいキーワードを大喜利形式で多々列挙(うんこキーワード続出w)。
後半戦でその言葉を歌詞にし、即興で歌を作るという…無謀かつ大胆な大人の遊びを、バッチリ披露(?)してくださいました(笑)

実は勘違いしてガッツリライブ!って気合入れてったのにトーク&セッションだったので、ちょいと(いや、始めはかなり?)拍子抜けたけど、終わってみたら『最高!大満足!』だったなぁ。
むしろ貴重だよー、あのゆるくて悪ふざけの過ぎる時間を笑い転げて一緒に過ごせたのは。

それに笑うとナチュラルキラー細胞が増えて免疫力が高まるそうなので、明日には咳も熱も吹っ飛んでるハズ!?(笑)

また、歌詞はどうあれ(私の中では最高でしたがw)ひとつの曲があんな風に出来て行くのかー!ってドキワクした!

楽しい思い出、またひとつ増えました。
ありがとうございました!!

そして、終わってしまって寂しい、悲しい…(~_~;)しょうがないね。


脳内BGM/モテ◯アス40〜聴くだけでモテる〜

♪枕は〜薄い方がいい〜(ウ☆コ見せ合う〜)(笑)


画像1


画像は、とある仏閣の屋根に鎮座する鬼瓦。
それぞれ表情が違って面白いね。
屋根ばっか見ちゃう。



笠寺なう!

2012-09-02 14:38:34 写真1

せっちゃん見たさにきてしまった!!
なんとレインボーホール(日本ガイシホール)でアリーナ一列目!

泣く、絶対。

民生もまさよしさんも楽しみ!!
秦さん源くん(トリだよ!)初めて!
2012-09-02 14:40:47 写真1

0720の備忘録

わー、もう一週間以上経ってしまった。

●「時間があったら会いませんか」4月に行ったインドのマンガロールで、現地滞在中にお世話になったKさんからご連絡を頂く。
ビザ書き換えのために、数日間の帰国だそう。
Kさんはインドでの日本企業、起業家の活動支援をされてます。本職はプロカメラマン。
仕事の話などをいろいろと。


●その足で毎週金曜日の関西電力中部支社前のデモへ。
Kさんが別れ際に「…君の反原発デモへの参加を僕は少々危惧してるんだけどもね。。」と一言。
政治や世界情勢に詳しい方からの言葉は重い(^^;
いろんな事の裏を取るにつれ、なにが正しいのか、誰にとって都合の良い流れなのか…自分でもうーんと思っている部分なので、苦笑いしてその場を後にしてしまった。
現地で仕事帰りのあっこさんと合流して、数百人集まった雨の中、シュプレヒコール。


●今度はデモを途中で抜けて、今池のハックフィンへ。LONESOME DOVE WOODROWSに会いに行く。今日は絶対見逃せなくて。今度はビタミンイエローのかわいいスカートはいたスミちゃんと合流(もーすぐ始まるよーって連絡くれて有難う!)
ウッドローズのライブは、いつもギラッとした殺気に似た迫力にゾクッと痺れるんですが、この日のライブはスカーッと抜けた、楽しもう!って雰囲気が溢れてた!沢山のいろんなバンドが出る企画だったからかな?デモでの叫びとは違う、幸せな気持ちで声を上げてきた。
ぐあーーー、相変わらずカッコよかった!


●新しい扉を開けたら、新しい繋がりが広がった。絵を通じてそんなドキドキがありました。また時期がきたらここでもお知らせします。


20120714 怒髪天@今池ハックフィン(改)

ホールツアーの翌日の備忘録。
相変わらずレポではございません。主観オンリー。
というか、ただの日記(笑)
これまた見たくない方はお避けください。

詳細なレポが知りたい方は、他をおググりください(笑)

続きを読む

20120713 怒髪天@金山の市民会館

レポは書けないので、感想やらの備忘録です。
しかも追加公演きまったので、見たくないひとは避けてください。







続きを読む

DO RORO

怒髪天の楽曲「DORORO DERODERO ON DORORO」を最初に聞いた時から、ぐわーっと頭の中にイメージと話が広がりまして。
少しづつ描いてた下絵に色つけしました。
この曲があまりに好きすぎて、勝手なイメージで勝手にポスター作っちゃったぜぃ(笑)

詳細?追記?推敲?は明日。。思考止まる。。眠い。。。
2012_dororo2_4c2

何時までかわかんないけど、、

http://www.ustream.tv/channel/nonukes-fes

↑NO NUKES 2012観ながら仕事中。
ただいまYMO!!!おんがく、中国女のお次はRiot in lagos!
とてつもない浮遊感、気持ち良さ、かっこよさに卒倒しそう!!!

撃鉄を起こせ

デモで叫んで、その足で今池・得三へ。
ロンサム・ダヴ・ウッドローズのライブで叫んできた。
喉がらがら。。痛ひ。
怒りと喜び、ふたつの相反する叫びが混在した日。

帰宅後、ウッドローズ聞きながら仕事。
格好良かったなーー!とワクワクが甦ってきたので、かきかき。

手にはギターではなく、Two Hand愛用ソードカトラス…ぽいもの。(漫画「BLACK LAGOON」を見よう)
だって最後に演った『BLOOD HOUND TRAIL』に痺れたんだもんさ!

泣けたー

あぁ、今夜はいい夜だな。

怒髪天で泣いて笑って、新曲にシビれて。
SAの格好良さを再認識して、グッときて涙出て、CD買いました。

楽しかった。いっぱい叫んだ。拳振り上げた。心洗われた。


終演後、グッズ売り場に出てらしたナオキさんの気さくな笑顔見たさに少し長めにロビーに居たら、若手のボヘミアンズから怒髪天、SAの皆さんが、帰りのエレベーターに乗るのに続々と出てきて、びっくり。
こんなこともあるんだね。

期待してねばって待ってみたけど、大本命の兄ィにだけ会えなかったのが、心残り。他の怒髪天メンバーさんとはドサクサながらに握手まで出来たのに。
はは、呆れるくらい縁ないや(笑)


んー、やっぱりちゃんと備忘録書いておきたいぞぅ。
忘れないよう気持ちを反芻して、まとめよ。

しかしいい曲だなぁ、SAのWORKING MAN。
聞きながらあと少し仕事して、ワイン飲んで寝よう。

あぁ、本当に良い夜だ。


琵琶ビリーナイト!

新春のお年玉満載のライブに行ってきました。
初・中野サンプラザで怒髪天!
仕事の進みを考えると土星あたりまで
意識がスーーッと飛んでしまいそうですが
一晩くらいいいじゃない!頑張ってる自分にお年玉。
今年一発目が怒髪だなんて、最高に縁起が良い!


続きを読む

ウッドローズ・追記

先にアップしたウッドローズのライブで、少し前のアルバムにはいってる「SKIPPIN'OUT」という曲をやってくれた。
ああ!ライブで聞けるのは久々!と喜んだのは束の間。
数年前、かなりリピートして聞き込んでた時期の感情や情景が一気にフラッシュバックしてきて、ビックリした(漫画付きの参照日記

当時、私の大切な大切な子が旦那と別居し、乳飲み子と幼子をつれて所持金3千円で実家に帰っていた時で、調停離婚やらなんやらで、本当に悔しくて辛くて悲しくて落ちてる時で。

♪Oh!Skippn'out Bad days!!

「飛び出せる。こんな最悪な日々からはいつか絶対飛び出せるはずだ」

苦しい事もやせ我慢でニヤリと笑って飛び越えていっちゃいそうな、そんなアッパーなこの曲を、私はずっとグルグル聞いていた。

そんな彼女。
気丈に法廷に立ち、きちんといろんな権利を勝ち取り、つい先日「載帽式があったよ!」とナース姿の写メを送ってきてくれた。
“白衣の一家の大黒柱”になるべく奮闘中の彼女と、彼女に抱っこされてニッカニカの娘ちゃん、そして彼女のお父さん。
その3人の笑顔が最高に素敵で、眩しくて、嬉しくてボロボロ泣いた。

「ほれ見ろ!飛び出せたじゃないか!誰だって最悪な日々からはいつか絶対飛び出せるんだ!」

ライブ中そんな事を思ったら、スイッチ入れたようにビュッて涙が飛び出してきて。
泣くような曲調じゃあ全然ないのに、ひとりボロボロ泣いて笑って歌っていた。

はたからみたら変だったろうなぁ。


ちなみに、同時期に重ねてグルグル聞いていたのが、怒髪天の「ド真ん中節」。

♪歩けど歩けど見えない明日の光 あぁ 暗い森に道を誤るな
…何度も何度も迷って流されたが もう俺の道はこれと決めたから

この曲もライブで聞くと、ビュッて涙が飛び出す。頭押したらピュッて出てくるプッシュ式の石鹸か!ってくらいに。


「音楽は記憶のポストイット」とは良く言ったものですね。


下北沢にて。

Lonesome Dove Woodrows(ロンサム・ダヴ・ウッドローズ)のワンマンに行ってきました。ギリギリまで家で仕事してバスと電車で下北沢へ。月末だし、仕事がどう進むか一寸先も読めないので当日券で。

息切らして開演15分前に着。15分押して始まる頃には、賑やかしくフロアは埋まっていた。
「こんなに集まるんなら、もっと早くから安心させてくれよ!」とVo.ターシさん。
ねぇ…ほんと…すいません!(= =;


メンバーチェンジと半年間の休戦期間を経て、再稼働後初めてリリースしたアルバム「DAY FOR NIGHT/SHINE QUIETLY」のレコ発ファイナル。「DAY FOR 〜」からの楽曲がもちろん中心ではあるけど、時間がたっぷりあるワンマンですもの。過去のアルバムからの「うわーー!久々!!」な楽曲も満載で。

やけにイントロの長い「アメイロユキイロ」聞けたのも(歌詞思い切りド忘れてらしたw)、ぶっ飛んだ目つき見てゾクゾクする感覚も、生で体験して“一緒にライブしてる”からこそ。

いまだに東京が自分の住んでる町という感覚が無いせいか、下北沢の駅を降りて人だかりをかき分けながら早歩きしてた時、急に「…あれ?なんで私ここにいるんだろう?」という非現実的な感覚に包まれてしまって。そのボンヤリしたままQueへ入ったのですが、“最高のリズム&ブルーズ”と“イカしたブギー”でいつも通り手荒くガッシンバッシン張っ倒されて(笑)ここに生きてるって感覚に引き戻された。

なんといっても、一発目からハイボルテージな「BLOOD HOUND TRAIL」だったし!!
好きなんだよーーー。バラライカの青い目も声もーーー(笑)
(…ツカザキさんのギターのエフェクターボードに貼ってあるという天帝ステッカーを必死にジロジロと探していた私は、ただの目つきの悪い怪しいおばはん。そして結局わからず。張の旦那…。)


今日も仕事しながらライブを思い返していろいろ考えていたけど、感想として

「最高に格好良かった」

しびれた。

もうこれに尽きる。


…ライブの途中(特に、シッチャカメッチャカんなって盛り上がってる最中に)何度か肩を叩かれてる感じがして、まぁこんな状況だし〜と気にしてなかったら、これが名古屋からこのライブのために遠征してきた友人でして(気付けよ!と呆れられたw)ライブ終了後におお〜〜!と3年ぶりの再会を喜んで、その足で吉祥寺のラーメン屋へ。
パルコの前でしばしLDW談義。
「こんなにカッコいいんだから、もっとみんな聞けばいいのに!!!」と
何だかもう昂っちゃって勝手にプンスカ憤っちゃったくらい、最高だった(笑)
友人も「来てよかった!めちゃくちゃ満足しとる!」とテンション高くて、それもまた嬉しかったりして。
ライブを、リズム&ブルーズを、ブギーを、LDWを楽しみ尽くしたよ。


そして彼は、別に何の用事もないのに「ただ“じ◯らん”で検索したらトップに出てたから」という理由で予約した八王子のホテルまでかっとんで行きましたとさ☆


コバくん、またライブで!次は嫁ちゃんも一緒に!!…今度は地図みてホテル決めようねw



DAY FOR NIGHT/SHINE QUIETLY
DAY FOR NIGHT/SHINE QUIETLY
クチコミを見る







凄いもん観た。

月曜中に漫画アップする〜なんて言っておきながら、出来ずにすいません。
今夜はライブから帰ってきて暫く放心状態でぼーっとしてしまって、もう無理です。
このテキスト書くのも大変。

怒髪天&THE JOE-NETS @NHKホールでした。
いつものバンド4人にプラスして、ギター、キーボード、女性コーラス三人、ホーン隊四人の大人数編成。
JOE-NETS=情熱。イカすっ!

アンサンブルで聞く怒髪天の音色は、とてつもなく厚みと重みが増してて…
なんかとんでもないモンスターをバーン!と目の前にしたような衝撃でした。
そして、パレードか、はたまたカーニバルかのように華やかで楽しげで底抜けにピースフルで。。

いつも通り、笑いあり、涙あり、賑やかしくて大盛り上がりなんだけど、もう一層深い所で純粋に音楽を楽しめるような感覚で。
いつものライブではなかなか聞けない曲も目白押しで、えー!これ聞けるの!?って、その驚きの連続も楽しかった。

個人的に“人生で一番大切な曲”も初めて生で聞けて、ただただ、感無量。
ライブで顔ぐっしゃぐしゃにして泣いたの初めてだ。
父ちゃんと母ちゃんの顔が浮かんだのも初めてだ。
うん、そんな根本を揺さぶる曲なんです。
震えた。

なんといっても、ライブハウスより前後隣に余裕があるからね、鼻水垂らして泣いててもバレない(笑)ツイストもゴーゴーも踊れたよ!!(笑)



一言でいうと

物凄いもん、観た。

…曲順間違えて大照れ大凹みな兄ィという、貴重なもんも観れた(ドンマイ!笑)


もー残りのツアー、全部遠征したいくらい。

改めて、怒髪天に出会えて良かった、
そう思ったライブでした。


観なきゃホント損するよ!!

だから、残りのツアー予定↓貼っときます。
ライブハウスにはなかなか行きづらい、という方も是非に!

●11月11日(金)12日(土)
北海道 道新ホール

●11月19日(土)名古屋 中京大学文化市民会館プルニエホール(金山の市民会館なんだって。名前変わったのねー)

●11月25日(金)福岡 ももちパレス

(詳細は http://dohatsuten.jp を確認してください)


目を瞑り
瞼に焼き付いた今日の事を反芻しながら、眠るとします。
また泣きそう。







ジョイポリスにて


以前、氣志團ちゃん&怒髪天ライブでご一緒した編集もっちさん(ダイノジ・おおちさん似)と、編集Sさん(どう見ても黒社会の重鎮)が、『先日観て来ましたよ、ももクロちゃん!ももいろクローバーZ!最高ですよ!』と息巻いて話してて。
「そういえば、ジョイポリスで開催されてる怒髪天のハロウィンイベントに、今度ももクロちゃんゲストで出るんですよー」なんて話をした…となれば、観ないわけにいかず(笑)

怒髪天の増子さんとダイノジのお三方が中心に、アイドルの魅力を掘り下げておもしろトークを繰り広げる中で、やっぱり今日一番の収穫はももクロちゃん!(笑)
いや、増子さんの「聖子ちゃんカットは日本人に一番似合う髪型。鎧兜と同じデザインだから」発言も記憶の宝箱にバッチリ殿堂入りしましたが(笑)

これはもう軽いカルチャーショック。

アイドルが。あのいたいけな少女たちがっっ。
はち切れんばかりの笑顔を振りまきながら
あの…ドリフやプロレスの動きも入ったダンスを!!?
しかも全力で!?
トークの間にキン肉マンの小ネタはさみこむアイドル、初めて見たよ?(笑)

ぐいぐいツボにきました!(笑)


正直、幼少時代からアイドルには全く興味無く(唯一聞いたのは明菜ちゃん)。
大人になって改めて聞くと楽曲の良さに気付けたし、“そういう文化”なんだと楽しめるようになって。
そして今日、アイドルの見方が一層変わったかも。
一生懸命は美しい。


そしてそして、ダイノジやっぱ大好きだ!
少し前にテレビでやってた「北野演芸館 たけしが本気 で選んだ芸人大集結SP」を偶然頭から観れたのですが、ダイノジが一番面白かったもん!
リズムがあって見る側をグイグイ引き込んで…どこがネタでアドリブなのかわからないくらいの自然なやり取りや空気をステージ上で出せるなんて、素晴らしすぎる。
ライブ行こ!スクールナイン聞こ!


深夜の馬鹿力ばかり聞いていたら、不必要に大人のおもちゃ(TENGA等)について詳しくなっている自分に気付いた、秋の夜でした。。

野音

急遽お誘いいただいたライブに行ってきました。アナログフィッシュ@日比谷野音!
いつも友人あっこさんの車の中で聞いてばかりで、話はするのに生音を聞いた事なかったし、何より名古屋から遠征してきた友人さーちゃんに会いたくて!!

空には満月。
気持ち良かったー。

『♩天使と悪魔のハイブリッド』って歌ってた曲、良かったー!
ぐっときてほろり泣いてしまった。

一年前にこの野音ライブが決まり、ギターVo.アキラさんはアルバム制作に入るのもきっかけに禁酒。ベースVo.ササキさんは大好きなラーメン二郎を我慢したら12kg痩せたそうだ(笑)

それくらい野音でやるっていうことは、大きな意味があるんだね。
お三方とも本当に嬉しそうだった。


ようやくアナログ見れたし、会いたい笑顔みれたし…久々に仕事以外で婦女子とわきゃわきゃお話した気が(笑)
休日らしい時間を、さーちゃん本当にありがとね!




↓手土産に吉祥寺のアルテ?アトレ?で買っていった『カヌレ』。

鈴鹿サーキットで知られる三重県鈴鹿市•白子駅近くにあるフランス菓子の銘店『ドミニク•ドゥーセ』。ここのカヌレはモンドセレクションも取ってる代物で、フランス大使館御用達。

先日吉祥寺へ行ったときに出店してるのを偶然見つけて、めちゃくちゃビックリ&嬉しくて、山盛り買った→食べ過ぎて飽きた→のに、また自分用にも買ってしまった(笑)

外はカラメルでカリッと、中は洋酒がふあんと香るもっちりもちもちバニラ生地で、なんとも例えがたい変な食べ応え。あぁ、変なお菓子だなぁ。この変さが良いんだなぁ。

I love you & I need you ふくしま

写真

Live福島6日目。
物理的には離れていたけど、気持ちは福島にあった。
手を叩き、歌い、笑い、泣いていた。
そんな人たちが一体どれほどいただろう、YouTubeのコメント欄が感謝と応援と決意表明と拍手で、もうどんどん更新され続けてた。
音楽の力って、凄い。
こんなに心がひとつになった、と感じるライブ、なかった。
福島の空の上に、でっかいでっかい元気玉ができてたよ。

「6日間、君たちに笑って欲しかったんだ」

トリをつとめたサンボマスター・山口くん。
素晴らしかったよ、熱くて熱くて、カッコ良かった。

これほどまでに東北が、福島が大好きになるとは。
ライブは終わったけど、新しい始まりだ。


♪明日から何かがはじまるよ
素敵なことだよ
明日から何かがはじまるよ
君のことだよ

I love you baby ふくしま
I need you baby ふくしま
I want you baby ぼくらは
ふくしまが好き

猪苗代湖ズ/I love you & I need you ふくしま
↑上記リンクサイト・OTOTOYで購入できます。

6日間、ありがとうございました。





本日は相馬!

LIVE福島、残すところ今日明日の二日。本日はたぶん丸っと1日仕事で見れませんが…。
せめてオープニングだけでもと、箭内さんと相馬市長・櫻井さんの話を聞いているだけで、涙。

コチラの「風とロックYouTube」のページで見ると、チャンネル1ではライブの模様、チャンネル2では会場の様子をドキュメンタリーの視点で、チャンネル3では、会場に設けられている「福島復興ロックンロール食堂」や、ライブ参加者の様子がレポートされていて、視点を切り替えて見るのも楽しい。
ページトップのチャンネルボタンをポチッと押すと、チャンネルが変わります。

…箭内さん、すごい。仕事が細かい。
ああ、これが一流の仕事なのだと鈍器で殴ったように気付かされる、視点やそのディレクション力。


福島Live@猪苗代湖

これまでのアコースティックな二会場と変わり、小さいながらもフルセットの野外ステージ。目の前には猪苗代湖が広がる、穏やかで美しいロケーション。

続きを読む

本日は郡山!


LIVE福島 風とロックSUPER野馬追@郡山

朝方まで勉強して布団につっぷし寝て、10時半過ぎた頃に「いかん!寝坊した!!」と飛び起きてYoutubeつけたら丁度、怒髪はじまってた!…今日は随分早くからのスタートなのでした。
「GREAT NUMBER」からスタートだったのかな?
だとしたら全部見れた!
「男は胸に…」好きすぎる。生きる、生きる、生きる。
グッときてうるっとしてしまう。
ここ数日、グッとくる病だ。

…しっかし、今日は“おめざ”で怒髪天が見れるなんて、なんたる贅沢。。多謝。
朝から真っ赤に燃える火の玉当てられて、すでに燃え尽きそうですが(笑)

エゴラッピン見ながら朝食。
♪ブランニュ〜〜ディ〜〜〜笑ってぇぇ〜〜〜


本日の出演アーティストとタイムテーブルはこちら
福山さんが出るなんて…ネットじゃ重くなっちゃって見れないんじゃないか??
西田俊行さん見てぇ〜〜〜!サンボも猪苗代湖ズも昨日も見たけど見てぇ〜〜!

でも今日は我慢。ネタ出し行脚日。
見れる方はPCライブつけて、素敵な週末をお楽しみください。

本日は猪苗代湖 志田浜!

LIVE福島 風とロックSUPER野馬追@猪苗代湖 志田浜

****昨日の感想****************

昨晩のライブを最後まで見終えた後、親しくさせてもらっているデザイナーTさんからメールがきていることに気づく。

「ライブでこんなに泣き疲れるなんて・・・

斎藤和義、本物のロック魂を見せられて、
私はいま、無能の人!

すごいものを見てしまった!聴いてしまった!

揺さぶられた魂をもてあましています。

被災地復興に自分ができること、考えるよりまず動こう。
福島の桃買うぞー!!!!」

勝手にこんなとこで引用してしまってTさん、すいません。
でも、この率直な短い文章のなかに
今回の福島移動型フェスの素晴らしさが
ぎゅぎゅっと表されているなぁって思えて。
同じ気持ちで、嬉しい。

せっちゃんの「嘘だったんだぜ」。
福島の空の下に、痛烈に鮮明に力強く響いてた。
その後に愛情いっぱいの
「空に星が綺麗」「歌うたいのバラッド」を
やってくれるのが、せっちゃんらしい。

わたしもYouTubeライブ見ながら
こんなに感動して頭痛くなる程泣くなんて
初めての体験でした。

音楽の力って凄い。あの歌声を聞いていた
全ての人の心がひとつになっていた。

「こんな悲しいことがありました、で
終わってらんねえんだよ!俺達は!
今日を最高の夜にするために
来たんだ、俺達は!
新しい会津が始まるんだ!!」

会津出身のサンボマスター・山口さんの涙を忘れない。
涙こぼしながら歌って拳を振り上げていた
会場に集まった福島の人たちの姿を忘れない。

『世界はそれを愛とよぶんだぜ』の中の
「♪悲しみで花が咲くものか!」という歌詞を耳にする度
グッときて涙が出る。
まさに、その通りだと思う。
愛と平和。愛と平和。


そして、ステージ上なんて不慣れな場所に
立っている市長さんを終始フォローしていた
兄ィの細やかな気遣いっぷりに、ほっこり。

本日は会津若松!

LIVE福島 風とロックSUPER野馬追@会津若松

レキシいいな〜〜。歌詞ゆるいし、池ちゃん面白いし(笑)気持ち良いな。
色々あって横になって仕事しながら見てますが(^^;

昨日のアコースティックバージョンの怒髪天も最高に心地よかった!メンバーさんみんな楽しそうにニッコニコしてるし、会場のお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで笑って手を降ってた。
ステージの後ろには田んぼが広がっていて、夕方のやわらかい黄金色の夕日が、緑深い山あいの輪郭と楽しそうに歌う兄ィをぼんやりと照らしていて、なんだか癒されました。
ボサノバ調の「NO MUSIC,NO LIFE.」があんなにセクシーな曲になるなんて☆凄い!

さー、今日はどんなステージが見れるのでしょうかー?楽しみ。


やった☆レキシの「キラキラ武士」始まった。




生中継☆風とロック/LIVE福島!!

本日9/14〜19まで開催される「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」。この模様がYouTubeのライブ動画配信サービス「YouTube Live」で生中継されるそうです。

☆「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」HP/開催概要より引用
2011年3月11日の東日本大震災による
津波、原発事故、度重なる余震、そして風評。
大きな被害を受ける福島を音楽の力で元気にするために
また、"FUKUSHIMA"としてその名を知られることになった福島の今を、
そのまま世界に発信するために
奥会津、会津若松、猪苗代、郡山、相馬、いわきと、
広大な福島県を、西から東へ1日ずつ会場を変えながら
2011年9月14日〜19日までの6日間をかけて
移動していく野外ロックフェス。
「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」

この名前は、相馬市の伝統行事であり、
国の重要無形民俗文化財である「相馬野馬追」から。
県内を横断していくこのロックフェスを、
相馬野馬追で野馬が力強く駆け抜ける様になぞらえ、
相馬野馬追執行委員会の快諾を得て
その名を冠しました。

メインスローガンは
"NOTHING BEATS FUKUSHIMA, DOES IT ?"
(福島はどんなことがあってもくじけないぜ。)




本日は奥会津。今は高橋優さん!「誰がため」アコースティックバージョン熱い…!!
この後、17時ちょい前くらいから怒髪天の登場だよーー!仕事の手をとめて見ちゃえ!見ちゃおう!
…ステージ横の赤べこが、えらいデカくてカワイイ…!首ふりふりするんかな??大好きなんだ、あの首のふりふり具合。

明日はレキシ、斉藤和義、サンボマスターが登場。怒髪天がピアノジャックと箭内さんと!?楽しみです。



本当なら現地に足を運べたら一番いいのだけれど、ド平日だし仕事もある。
現地から発信される「元気」と「福島の今」に触れて、今一度、自分にできること、これからできることを再確認したいと思う。

Profile
こけももさん(1)竹書房より発売中!
最新コメント
  • ライブドアブログ