昨日。14日の朝。
最近37.2℃あたりの微熱が続いていたのに、今朝になって38.2℃まで上がったので、こりゃもう病院へ行こうと。

三人よれば文殊の知恵。
症状や経緯をなんとか辞書を片手に書き出して(おもにアッコ姉妹がやってくれて…心から感謝)、友人ヨーコに初診の申し込み方を聞き(ほんといつもありがとう!)病院へ。

そして、ハタと思い出しました。
近年、風邪ひいたあとに副鼻腔炎を併発して、微熱や咳、鼻水が長引いていた事を…!


風邪と似た症状だから、いつも何件も病院回って、全く効かない風邪薬を首をかしげながら飲み続けてたんだった。。

ぶり返した、ってタイミングでまた 副鼻腔炎を引き起こしてたんだろうな。

…ていうわけで、以上のことを必死に病院で訴えたのですが、血液検査までさせられて下された診断は『喉風邪』…。

うぅ、悔しい。。

確信を持って違うと言えるよ、この頭重感。。
画像1

でも、出してもらった鼻の薬が聞いたのか、蓄膿みたいな鼻水が止まって熱も下がってきた。

すっかり忘れていたよー。。
まさかこんな異国の地で再発させちゃうなんてなぁ…(泣)
一昨年、東京在中時に引き起こした際に、完璧に治しておけば良かった。。

でも、友人が付き添ってくれて本当に心強かったです。
しかもインド人の友人も午後から付き合ってくれたし、感謝の嵐吹き荒れる一日でした。

得た教訓。

微熱が長引く時は、
耳鼻咽喉関係を疑え!!


得た英語力。
『鼻水が止まりません』
My nose is running.

ランニングて(笑)