昨晩

財布を すられて

しまったよ。。。



この、渡航前のアホ忙しい時に
なにやってんだか本当に…。

気が緩んでいた、すべて自己責任。



これが海外じゃなくて良かった、と。
海外ならもっとパニックになったろうし、
大変な対応に追われていただろうと。

高い人生の授業料を払ったんだ、と
思うようにしております。



自分のアホさ加減に
つくづく腹が立つやら情けないやら。


でも、一番辛いと思ったのが

お気に入りのスタッズ付きの財布を無くしたことでも
渡航前にカードを止めたり再発行が間に合わないことでも
現金を失ったことでもなく

11年前に大切な人と撮って
ずっと入れっぱなしにしていた
お守りがわりのプリクラを
失った事だった。


それだけでもいいから返してって
思った自分に気づいて
まだそんな感情が
自分の中に残っていたんだ、と
ビックリした。



でも、もう、それも
手放せって事なのかな、とも
思ったりして。





三日後に、家を引き払います。
家財道具一式は小さな貸しコンテナに一式ぶち込みます。
帰る家は実家があるけど
とりあえず気軽に戻れる場所はなくなります。

そのため
山ほどあった本は選び抜いてデータ化し
CDはPCに読み込んで、大好きなバンドのものだけを残し、
服も家具も趣味のものも
すべて本当に必要なもの、好きなもの、今の自分にふさわしいものだけを
厳選して処分しました。


物の断捨離はできたのに
心の断捨離はうまくできてなかったんだな。



大切なのは物じゃない。
見えない部分だ、ということは
わかってるんだけど。

心に残った思い出や教えられた事を糧にして
成長したいし、固執してたら次に進めない。




「想いや考え方は変わるものですよ」


今日、仕事の打ち合わせでお会いした編集さんが
そんな事を言ってくれた。

彼も世を拗ねるくらい大変だった時期を振り返り
それを乗り越える前と後との感情は
時の移ろいと共に変わっていた、という話をしてくださった。



無理矢理にはできないけど
とりあえず抱えたまま
この気持ちとどう折り合いがつくのか
インドといういつもと違った環境の中で
俯瞰的に見守っていきたいと思います。




駅から家までの帰り道。
ふいにイヤホンから渡辺美里さんの
「バースデイ」がかかった。


♪いつの日か わたし
あなたと違う優しさ 選ぶでしょうか



この道を選んだのは、すべて自分。

そして、いつか違う優しさを
選ぶ日がくるんだろうか。



くるんだろうな。



きちゃうのかな。