●林野庁:スギ雄花に含まれる放射性セシウムの濃度は、最も高いスギ林で約25万ベクレル/kg

冬のあいだ、フクイチから放出中の放射性物質は季節風によって太平洋に流されていたけれど(だからアメリカ西海岸での汚染が深刻化しているんだけれど)春が近づくにつれ風向きが変わり、南風と共に今年からセシウム入りの花粉の季節が始まる。

●セシウム花粉予防のため、東日本の皆さんは、必ずマスクをするべきです。

●子供を守ろう/SAVE CHILD 【汚染】被曝予防に花粉マスク有効 セシウム通さず 東大実験。林野庁の調査は福島県のスギ林(132箇所)及び15都県(調査期間11月25日〜平成24年1月31日)

●マスクについた放射性物質の可視化

風向きによってフクイチ由来の放射性物質が九州でも検出されているんだもの。こんな小さな島国で、東も西も関係ないと思う。

マスクとメガネを。
目の被爆も気をつけて。
「花粉 メガネ」で検索するといっぱい出てきます。
JINSも花粉カットメガネ出してるんだね。

それと↓赤ちゃん用マスクも!すっごい大事!!!!!
●【赤ちゃんでも安定感バッチリマスクの作り方】

●トゥギャッター/今年の花粉はセシウム花粉。吸ったらどうなる!?
免疫力UP対策も効果的?

花粉症対策で摂取されるヨーグルト等の乳製品も、メーカーによっては粉ミルクや牛乳からセシウムが多く検出されているので、自身の判断でよく検討された方が良いでしょう。
参考までに。
●放射能汚染の少ない食べ物の情報サイト OK FOOD / OKフード/ヨーグルト