●NNKニュース/福島第一原発2号機 再び71度台

●東電、線量マップまず米に提供 昨年3月、保安院には翌日報告


フクイチ爆発した後、放射性物質の拡散状況を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による試算結果を、事故後の早い段階で米軍や米政府には試算内容が伝わっていた上に、国民より先に米軍を退避させて、国民はなにも知らされず無用な被ばくにさらされた。
そしてまた今回も、国民への報告はすべて後手、後手、後手…。国民は籠の中の鳥か?トンネル工事のカナリアか??アメリカさんの圧力で右にも左にも向けない、低放射線被爆と内部被爆の人体実験場か?ここは。

よくもまぁ、ほとぼりさめたあとにヌルリといけしゃあしゃあと。。


東京は汚染され続け、ウクライナのキエフと同じ放射能汚染度とも見方もある。

そのうえ放射性廃棄物に近い食品が国の基準で流通している。
100Bq/kgを超えると放射性廃棄物として処理されるのに、食品は500Bq/kgまでは流通されるのは何故!?
関東以北の農作物は、検査証明書無しでは海外に受け入れてもらえない現状のなのに、子供達が毎日口にする給食には検査も無しに使用されている…。
一体どれだけの食品汚染が私たちの体内に取り込まれているのか。

ドイツのTV局ZDF「フロンタール21」シリーズ( 8/26 放送)

『もはや食品ではなく放射性廃棄物です』『計器がなく人員的に手一杯』『政府の行為はまさに犯罪的』『都合だけで基準値を変える』『子供が20ミリシーベルトになったことをもはや忘れている』『文明国のやることではない』『政治家・官僚・経済界が真実を隠蔽している』



『低量の被爆でも、遺伝子の染色体に影響を与え、奇形、悪性腫瘍をもたらすというのは明らかです。』


日々、新しいニュースや情報を知るたびに、怒りと悲しみで気狂う。



でも、そんな中、前向きになれるニュースも。

●思想家の中沢新一さん、内田樹さん、作家のいとうせいこうさんが呼びかけ人となった「意見広告を出す市民の会」が「脱原発宣言」
大きな画像はこちら

いとうせいこうさん、ケラリーノ・サンドロビッチさん、しりあがり寿さん、スチャダラパー、YMOのお三方…etc.
あ、バッファロードーター、田中知之さんも。

↓坂本龍一氏「プルトニウム食べても大丈夫とか塩みたいなもんだとか言ってるけど、自分でまず食えよ!自分の子どもに食べさせてみろ!」