新春のお年玉満載のライブに行ってきました。
初・中野サンプラザで怒髪天!
仕事の進みを考えると土星あたりまで
意識がスーーッと飛んでしまいそうですが
一晩くらいいいじゃない!頑張ってる自分にお年玉。
今年一発目が怒髪だなんて、最高に縁起が良い!


そして…まさか…メンバー扮した獅子舞が見れるとわww
頭ハムハム甘噛みして欲しかったw
そしてそして、「俺様バカ一代」からくるとはーー!!!
まったく予想してなかった〜〜〜〜〜やられた〜〜〜〜。

全体を通して普段あまりやらない昔のアルバムからの
曲のオンパレードで
初めて生で聞けたー!っていう嬉しさ爆発、
終始うああ!はあぁ!!とシビレっぱなし。

「オオカミに捧ぐ」で歓喜のギャーーー!
「俺達は明日を撃つ」で早速ひと泣き。
「俺流」嬉しかったなぁ。
『月日はすり抜ける 犬が走っていくように』って歌詞、好き。
そして「旅路」で涙腺ぶっ壊れ、、、
「吠-HOEROU-郎」で、ガリリッと胸を掻きむしられた。

また、なぜこのライブのタイトルが
「俺達の琵琶ビリーナイト」なのかが
新曲を聞いて、スットーンと腑に落ちました。

ロックと琵琶演奏が響き合う新曲
「DO RORO DERODERO ON DO RORO」
…めっっっちゃくちゃカッコいい。。
ロカビリーじゃない、サイコビリーでもない、
マジで琵琶ビリーw

今春SEGAから発売予定のゲームアプリ「百鬼大戦絵巻」とのコラボだそう。
ゲームも曲も、発売待ち遠しいなぁ!
サビの部分がグルグル頭ん中まわりっぱなしだよ。

その曲の良さもさることながら、
生まれて初めて聞いた生の琵琶演奏と語りは
稲妻走ったような衝撃でした。

日本屈指の琵琶奏者である田原順子先生の
重みある深い音色で紡がれる
平家物語の冒頭『祇園精舎』。。

つま先から頭の先までゾクゾクゾクーーーッときた。。
なんだあの圧倒的な迫力。
言霊ってあるね、魂というか生き物の力を感じた。
新境地。知りたい。というか
習いたい。あの発声と琵琶。


そして「旅路」の後にやった「ド真ん中節」。
ラストの「歩き続けるかぎり」。


この二曲聞いて胸が熱くて熱くて
締め付けられて
目一杯涙ながしたら

最近ずっと壊れそうなくらい悩んでいたけど
なんか色々、色んなことに
踏ん切りついたわ。

そう。いろんなことに。



「俺達から手を離す事はないから」。

久しぶりに聞いて、火が灯ったみたいに
胸が温かくなった。

この言葉に力をもらい、
また歩き出せます。
そう。歩き続けよう。


いつも力もらってばかりだ。


ありがとうございました。
兄ィ、愛してるよ。