●上京後、運良くすぐに気の合う美容師さんに出会った。名古屋でお願いしてたTOKOYA姉さん同様、お母さんの体内に“玉とバット”を忘れてきちゃった感じの、サバサバした姉ちゃん(笑)

少し前に「いましかない!」と髪を切りに行った際、かなりの漫画好きと判明。
藤田和日郎先生の「うしおととら」が大好きだったというので、「私は飛行機に乗ると、いまだに“妖怪ふすま”(空飛ぶデカイ妖怪。飛行機襲って人を喰う)が出るんじゃないかと不安になる!」と返したら、凄い喜んでくれて。
そのやりとりが縁で飲みましょうよ!とアドレスを教えてくれた。

正月の一夜くらい、仕事離れて新しい友人と飲めないものかと、今から詰めてスケジュール組んでるところ。


●近所に一人でいける居酒屋を見つけた。ママさん・スタッフさん全員女性だから安心、気楽。

たびたび足を運ぶウチに仲良くなって、夕飯をコンビニ弁当食べるくらいならウチおいでー。定食みたいに出してあげるからー。と言ってくれたので、このところ甘えています。

優しい味付けが五臓六腑に浸みて、美味しくて震える。
あたたかくて胸にグッとくる。

牛ゴボウの卵とじ。漬物も自家製。料理習いたいくらい美味しい。ここでバイトしよかな?(笑)


●元祖「母の体内にキン☆マ忘れてきちゃった」おなご、TOKOYA姉さんから久々にご連絡をいただく。
名古屋の繁華街・錦三丁目を歩いてたら私そっくりのキャバ嬢とすれ違い、元気かなと電話くれたそうな。

…地元に私のドッペルゲンガーがいたとは!

自分のキャバ嬢姿みてみたい!と思ったが、昔フリーペーパーの編集時代に体験取材でガチで一日入店した時の写真を思い出し、青白い気持ちに。…あれは辛かった。。が、本当にいい経験させてもらった。

何はともあれ、声聞いて元気いただきました。あざーっす!



●私の交友関係内では異色の、勉強家の友人・容ちゃんからメールを貰う。
「もしかしたら関東あたりにちょい大きめの地震がくるかもしれないから、気をつけててね」

備えあれば憂いなし。なけりゃないで笑って「なかったね〜」で良い。

「不安をあおりたくはないけど、無事でいてくれたらそれでいいの」
そういえば上京する時も震災の後で、凄い心配してくれたし相談にものってくれたなぁ。。
想ってくれる気持ちに、あらためて感謝。