Lonesome Dove Woodrows(ロンサム・ダヴ・ウッドローズ)のワンマンに行ってきました。ギリギリまで家で仕事してバスと電車で下北沢へ。月末だし、仕事がどう進むか一寸先も読めないので当日券で。

息切らして開演15分前に着。15分押して始まる頃には、賑やかしくフロアは埋まっていた。
「こんなに集まるんなら、もっと早くから安心させてくれよ!」とVo.ターシさん。
ねぇ…ほんと…すいません!(= =;


メンバーチェンジと半年間の休戦期間を経て、再稼働後初めてリリースしたアルバム「DAY FOR NIGHT/SHINE QUIETLY」のレコ発ファイナル。「DAY FOR 〜」からの楽曲がもちろん中心ではあるけど、時間がたっぷりあるワンマンですもの。過去のアルバムからの「うわーー!久々!!」な楽曲も満載で。

やけにイントロの長い「アメイロユキイロ」聞けたのも(歌詞思い切りド忘れてらしたw)、ぶっ飛んだ目つき見てゾクゾクする感覚も、生で体験して“一緒にライブしてる”からこそ。

いまだに東京が自分の住んでる町という感覚が無いせいか、下北沢の駅を降りて人だかりをかき分けながら早歩きしてた時、急に「…あれ?なんで私ここにいるんだろう?」という非現実的な感覚に包まれてしまって。そのボンヤリしたままQueへ入ったのですが、“最高のリズム&ブルーズ”と“イカしたブギー”でいつも通り手荒くガッシンバッシン張っ倒されて(笑)ここに生きてるって感覚に引き戻された。

なんといっても、一発目からハイボルテージな「BLOOD HOUND TRAIL」だったし!!
好きなんだよーーー。バラライカの青い目も声もーーー(笑)
(…ツカザキさんのギターのエフェクターボードに貼ってあるという天帝ステッカーを必死にジロジロと探していた私は、ただの目つきの悪い怪しいおばはん。そして結局わからず。張の旦那…。)


今日も仕事しながらライブを思い返していろいろ考えていたけど、感想として

「最高に格好良かった」

しびれた。

もうこれに尽きる。


…ライブの途中(特に、シッチャカメッチャカんなって盛り上がってる最中に)何度か肩を叩かれてる感じがして、まぁこんな状況だし〜と気にしてなかったら、これが名古屋からこのライブのために遠征してきた友人でして(気付けよ!と呆れられたw)ライブ終了後におお〜〜!と3年ぶりの再会を喜んで、その足で吉祥寺のラーメン屋へ。
パルコの前でしばしLDW談義。
「こんなにカッコいいんだから、もっとみんな聞けばいいのに!!!」と
何だかもう昂っちゃって勝手にプンスカ憤っちゃったくらい、最高だった(笑)
友人も「来てよかった!めちゃくちゃ満足しとる!」とテンション高くて、それもまた嬉しかったりして。
ライブを、リズム&ブルーズを、ブギーを、LDWを楽しみ尽くしたよ。


そして彼は、別に何の用事もないのに「ただ“じ◯らん”で検索したらトップに出てたから」という理由で予約した八王子のホテルまでかっとんで行きましたとさ☆


コバくん、またライブで!次は嫁ちゃんも一緒に!!…今度は地図みてホテル決めようねw



DAY FOR NIGHT/SHINE QUIETLY
DAY FOR NIGHT/SHINE QUIETLY
クチコミを見る