●明るい時間になかなか歩かない道すがら、出会ったトトロ。
…せつねぇ〜。。


子どものいない遊び場。託児所跡地らしい。



●ヘッドホンからは中島みゆきさん『糸』。

なんという歌。命と愛情を紡いで繋げる、そんな人間の人生を糸にたとえた物語のような歌詞。
人を愛したくなる。


光のあたる箇所を描く時、そこが明るければ明るいほど影の箇所を濃く暗く描く。その影が深い程、光は際立つ。
悲しみや苦しみを知るから、日々のささいな幸せや人の温もりに気付く。

曲中の
♪こんな糸がなんになるの
という“ささくれた”悲しい言葉を聞くたび、そんな事を思う。