LIVE福島 風とロックSUPER野馬追@猪苗代湖 志田浜

****昨日の感想****************

昨晩のライブを最後まで見終えた後、親しくさせてもらっているデザイナーTさんからメールがきていることに気づく。

「ライブでこんなに泣き疲れるなんて・・・

斎藤和義、本物のロック魂を見せられて、
私はいま、無能の人!

すごいものを見てしまった!聴いてしまった!

揺さぶられた魂をもてあましています。

被災地復興に自分ができること、考えるよりまず動こう。
福島の桃買うぞー!!!!」

勝手にこんなとこで引用してしまってTさん、すいません。
でも、この率直な短い文章のなかに
今回の福島移動型フェスの素晴らしさが
ぎゅぎゅっと表されているなぁって思えて。
同じ気持ちで、嬉しい。

せっちゃんの「嘘だったんだぜ」。
福島の空の下に、痛烈に鮮明に力強く響いてた。
その後に愛情いっぱいの
「空に星が綺麗」「歌うたいのバラッド」を
やってくれるのが、せっちゃんらしい。

わたしもYouTubeライブ見ながら
こんなに感動して頭痛くなる程泣くなんて
初めての体験でした。

音楽の力って凄い。あの歌声を聞いていた
全ての人の心がひとつになっていた。

「こんな悲しいことがありました、で
終わってらんねえんだよ!俺達は!
今日を最高の夜にするために
来たんだ、俺達は!
新しい会津が始まるんだ!!」

会津出身のサンボマスター・山口さんの涙を忘れない。
涙こぼしながら歌って拳を振り上げていた
会場に集まった福島の人たちの姿を忘れない。

『世界はそれを愛とよぶんだぜ』の中の
「♪悲しみで花が咲くものか!」という歌詞を耳にする度
グッときて涙が出る。
まさに、その通りだと思う。
愛と平和。愛と平和。


そして、ステージ上なんて不慣れな場所に
立っている市長さんを終始フォローしていた
兄ィの細やかな気遣いっぷりに、ほっこり。