爺ちゃんは二人とも早くに亡くなりましたが、婆ちゃんは二人とも御存命。二人とも90歳にリーチかかってる。長生き。

秋分の日に婆ちゃんとこ訪問と墓参りを一挙に計画し、家族と巡る。

一人の婆ちゃんは、自分の誕生日と歳が分からなくなってた。私が孫なのも忘れてた。「婆ちゃん色々大変だったね」と話をしてたら、「あんたなんでも知ってるねぇ〜!」とビックリされた。

もう一人の婆ちゃんは、以前私の名前が思い出せなかったので「私、誰か分かる?」って聞いたら「ゆみちゃんでしょうが!忘れるわけなかろうが!」と怒られた。調子が良かったみたい。

二人とも一歳と三歳のひ孫の姿を眩しそうにニコニコ見つめてた。一歳のようやく歩き始めた赤ん坊は、目を離した隙に観葉植物の土をモリモリ食べてた。みんなで呆れて笑った。

みんな順番。しょうがない。また忘れるだろうから、何度でも教えに行こうと思う。

墓参りは時間なくて諦めた。爺ちゃん、悪いね。また今度。