8/14日ライジング備忘録&補足追記
意図せず長くなったので二回に分けわけ。

●2日目にもなると、疲労と睡魔と忙しさが蓄積して、更新することに元気がまわせなくなるんだなぁと、去年・今年のブログの推移を見て納得。

IMG_0251
●ドレッサーで洗髪した後、12:30〜矢沢永吉ボスを観るため、ステージかなり前方まで突入。始まる前からの激しい「永ちゃん!永ちゃん!」コールが素敵。
ステージの左右に設置されている大型ビジョンには、最前列で永ちゃんの登場を今か今かと待つ観客の様子が映し出されている。
ふいに、全身白スーツ・リーゼントの気合い入りまくったお兄様二人組がパッと大きく映し出され、場内いっぱいに「おおぉ〜〜!」と沸き立つ、大きな感嘆の声!(笑)
時間通りに2日目開始。コーラスの外人姉様たちと合わせた、白いスーツ姿の永ちゃん登場!絵になりすぎ!凄い風景!!かっっっっちょいい〜〜〜〜!!
…この歳にして、その激渋の魅力にドンはまり。

「時間よ止まれ」で溶けそうになるw 「最高なRock you」かっちょええなぁー新譜買って良かった☆
「トラベリンバス」「とまらないHa〜Ha」で、タオルが舞う舞う!壮観!フェス用の盛り上がる選曲が嬉しい。投げたタオルがどっかいってしまわないよう、ちゃんとタオルの端を持って投げたじぇ〜〜!
年代も性別も新古参ファンも問わず、全部引き込んでいった感じ。もの凄い勢いで着火されました。

最初にやった曲、「Fresh and Blood」っていうのかー。だめだ、ホントのめり込みそう。調べたら…12月にツアーで名古屋へ来る!!…どうしよう、独りで行くのなんか不安!でもきっと行くんだろうな…チケット取れたらの話ですが(^^; (S席10,000円て!!!目ん玉飛び出た)


●永ちゃん終了後、次のエレカシまで時間がある。…この灼熱の中、こんな砂漠のようなサンステ前で待っとれん。レッドスターのフードコートへ移動。永ちゃんが「熱中症対策には、塩と水取って!」と言っていたので、函館名物やきとり弁当の塩味(鳥肉ではなく豚肉なのが函館流)と水を、これまたギラギラの太陽の下、TOKYO No.1 SOUL SETを聞きながら。
…なんか気持ち悪い。。頭痛い。。
ご飯半分にして、エレカシ諦めテント(日陰)へ避難。結局夕方の山下達郎さん始まる前までぐったり&身動きとれず。
…日陰サイコーに心地よかった。。
IMG_0262




●16:30〜、山下達郎さん
んもう、始まりから終わりまで女4人で感動しまくり!
何この完璧度!?CDかっっっ!いやでも、この引き込まれるパワーと魅了する伸びやかな声は、ライブならでは!!と、大御所様前にして圧倒されーの、鳥肌立ちまくりーの。
友人やっちゃんは、赤いシャツをスマートに着こなしてる様に「ちょっとぉ!超カッコいい!!」と、終始鼻息荒く(笑)
私はといえば、2〜3曲目あたりで目眩のような眠気に襲われ(疲労の上に頭痛薬のんだせい)その場にしゃがみ込んで気絶するように寝落ちしてしまった。。
そしてアップテンポの「DONUT SONG」で速攻復活。すごい素敵!きゃわいい、この曲!!それに続いて、アニメ「サマーウォーズ」のテーマソング「僕らの夏の夢」。心地よいなぁ。。
「アトムの子」も良かった。そして、夕暮れの緩いオレンジ色の日差しと涼しい風の中で聞く「さよなら夏の日」は、私のおセンチ涙腺ボタンを押すのに十分すぎるくらい叙情的だった。

達郎さん、なんと野外イベントは29年ぶりだそう。
こんなに気持ち良いステージが観れた事を幸せに思います。ライジングに来てくれた事に、心から感謝。ただただ、感動した。
しかもコーラスに奥様・竹内まりやさんいらしてたし!素敵ね〜〜夫婦愛。