本音を言えばピッチャーでも持って
お疲れさまでした!とガソリンをグラスへ注ぎに
行きたいくらいで、
ささやかな願いであれば
ご挨拶のひとつでも交わせたら!と
じたばたする気持ちを押さえておりましたが、
迷惑はかけたくない、が信条なので
ただ、ただ
垣間見える赤い横顔をバレないよう
スパイのようにチラ!チラッ!とチェックしつつ
諸先輩方の下世話な話に笑い
餃子をつまんで
ジョッキ3杯、
悔し涙と共に流し込む。
そんな
四川料理店、深夜呑み。


*******

憧れのセンパイが走るグランドを
遠くからしか直視できなかった中学時代。
嗚呼、変わってねえです
あたしゃいつまでたっても中2病!!!
この意気地なし!

と、思ったところ
こちらのテーブルの話題が
青春時代のやんちゃとか
思春期の素敵なアホトークだったので
妙なリンク感とまとまりに関しては
ひとり満足。

そんなこんなで今日は
お互い怒髪天が好きってことで
繋がりが復活した中学時代の同級生と
再会&乾杯でき、すんげえ幸せでした!

単行本を購入して持って来てくださった方がいて
サインかかせてもらえて
すんげえ嬉しかったです!

そして
モヒカンつくるのに
座布団使うらしいぞ(笑)

すいません、完全な
私の備忘録です。しかも酔いどれ。


同級生の息子ちゃんが撮ってくれた写真、
ちゃんと撮れてるのより
こっちの方が面白くて良いね。
yumitoyuminomi


その息子ちゃんの名言。

「怒髪天の『歪ンダセカイ』聞くと
胸が熱くなる。」

イカすぜ、4歳児。

肝であるライブについての徒然は
素晴らし過ぎたので
頭ん中まとめるのに時間が必要。。

さぁ、仕事続行。