日中こもって仕事して、夕方、誘惑して四日市から招集した(笑)友人スミちんと合流。

初めての下北沢・CLUB Que(キュウ)だー!初めてのロンサム・ワンマンだー!しかもロケンロー好き&バンドやってるギターメン・お餅編集長も誘って、初・一緒にライブ!
ライブハウス上のファッキン(ファーストキッチン(笑))で開場までうだうだ。会場入って二列目確保!イェー。


まぁ〜…打たれた撃たれた。
誰に媚びるでもない、迷いのない真っ直ぐでギラギラなロックンロールという銃弾で、バッキュンバッキュンやられた。
死んだ死んだ、死にまくった。
熱くてシビレて途中脳内麻薬出過ぎて頭真っ白になったけど、それ以上にイッテたヴォーカルのターシさんの眼を見て、鳥肌が立つほどゾクゾクした。

それはそれはもう、カッコ良くてですね…なんだろうなぁ、あの兄様たちの色気は。

それにやっぱりワンマンっていいわー。頭のてっぺんから爪先まで、がっつり堪能して染め上げられる気持ち良さがある。
『死神のブギー』聞けて、嬉しかった…漏らすかと思った(笑)

三人揃って脳天ブチ抜かれた後、飽和状態の頭と心のまま、軽く乾杯して、名古屋への帰路につく。

中身の濃い二日間のおかげで、初めて夜行バスで眠れました(^_^;)

最高の夜だったー。

スミちん、バスやらチケットやら、手配頼りきりでごめんなさい。有り難うね!