日記タイトルは怒髪天の『なんかイイな』。
1/25、今日は怒髪天・久々のワンマンライブでした。

えー、
わかる人にしかわかんない内容で申し訳ないですが


革ジャンどっかやっちゃって良かったなぁ〜!って
思っちゃった!!(笑)わはは。

無くして以来「諦めた!」とはいいつつも
ふと思い出しては数キロ先を見つめる遠い目をしてましたが、
今夜でぜーーーんぶ吹っ切れた!

◯万円のルイスレザーなんて、もう惜しくない!!
たぶん今頃、拾った浮◯者さんがぬくぬくしてると思います(笑)
嗚呼、なんと幸せなオチのついた自虐ネタ



終演後、一緒に来たあさのん&トンさんとそんな話で大笑い。幸せな気持ちイッパイのまま、近所の味仙でビール片手に中華ちまきをつついてたら、色んな気持ちがこみ上げてきた。

じつをいうとこの一週間、気持ちが沈みがちで。人の「死」というものに気持ちが引っぱられてしまったのか、どうにも辛かった。人生は残酷だ。考えてもどうしようもないコトが頭を巡っては、泣いてしまったり。


でも、笑って泣いて傷つく心がある限り、必死に生きるんだ。そして、どうしようもないくらいしんどい時は逃げても良いんだよ。助けを求めてほしい。ひとやま超えた向こうに、笑顔で過ごせる時間と場所が絶対あるよ。
勝手に閉じて良い人生なんてない。

身を切り叫ぶような歌声が
沈んだ思いをパーンっと断ち切ってくれた気がします。
胸がいっぱいになって「酒、奢らせてください!」と
心の底から思った夜でした。



今日は「クソッたれのテーマ」を延々リピート。しばらく聞き込みそう。


LIFE BOWL


D-stance “FREIHEIT YEARS 1999-2004”