Y-1GPトークライブにお越しいただきました皆様、そして関係者の皆様、絡ませて頂きました4コマ作家の皆様、本当にありがとうございました。どんだけ呑んでも呑んでも酔えなかったのは、久々です(笑)

■イベントの模様 レポや記事■
LDニュース編集部ブログ

開演には間に合ったものの集合時間に遅刻した上に、ぶっつけ本番の体当たりトーク。フラッシュアニメ紹介コーナーで一緒に壇上に上がった森井ケンシロウ先生は、どんな話をするかなど内容をきちんと推敲していらして、まったく頭の下がる思いでございました(ぶっちゃけ森井先生ほど詳しくアレコレ話できるほどのスキル無いし〜〜(汗))。

しかし…上手く話すってむずかしい〜〜。。それに作家としてもっと勉強していかなくちゃなぁーと刺激をビシバシと頂きました。また、編集さんや代理店さんなど縦の繋がりは作れど、横の作家さん同士の繋がりは、こういう集まる機会がないとなかなか作れないもの。漫画描くソフトの話やどういうスタンスで漫画業をこなしてらっしゃるのかなど、ためになる有意義な情報交換もできて嬉しかったです。

途中、森井先生とpillows談義できたのもよかった(笑)「ぼくフリクリでピロウズ知って以来大好きで!」(エヴァなどで知られるガイナックス制作のアニメ。挿入歌とテーマ曲をピロウズが担当)と、漫画人ならではのきっかけ。お返しに「わたし『日本ストレンジカメレオン協会』ってmixiコミュ入っちゃったわ〜」などと、萌えトークをカマしてみました。そしてふくた先生がかなりご近所さんということが発覚(呑みに行きましょー!)。そんな楽屋トークも楽しかったー。

またいつか、こういった形でファンの方たちとの交流の場が持てると嬉しいです。ありがとうございました。
そして、仕事の都合が合ったとはいえ、わざわざ前日入りして名古屋から見にきてくれた編集・あいたん、ありがとう。風呂入る前にわざわざマッパ見せてやったのに「キモイ、汚い。ボケ」と罵倒されたホテルの夜を忘れないよ!(お互いノンケです)