6dog10月の下旬、たて続けに遊びに行った3日分の自己満ライブ日記です。長くなってまった。。

【10月某日】
やらねばならぬアレやソレ。でもまぁどーにかなりそうなスケジュールなので、夜に新栄へ。
前の勤め先の社長であり、現在ライブハウスsix-dogのオーナーである6犬さんのアコースティックライブを見に行ってきました。

私たち社員を面倒見るために20代後半で起業し、名古屋のタウン誌を発行する会社の社長となった6犬さん。様々な事情で解散した後、再度イチから昔からの夢を追い始めた。若い頃は地元じゃ結構有名なバンドメ〜ンだったという(某情報番組で追っかけ特集組まれたこともあるそうな)。

「水を与えられて綺麗に咲くだけの花じゃなく、与えられた水に感謝して地を固める強い雑草になりましょう。六犬メンバーの心はいつも野良犬です。」
少し前に社長がくれたメール。あいかわらず詩人やな〜!って笑えたけど、泣けてしょうがなかった。ちょうどイロイロあった時期だったから。でも、ちょっと間違った道に入り込んでも、私には後ろから見守って叱咤激励してくれる“味方”がいてくれてるんだなって、それだけで大丈夫だって、強くなれた。

年齢的には少し先を歩く先輩、まだまだ青春真っ只中。

そんな6犬さんが“社長”じゃなくなって、スポットライトを浴びて本当に好きなコトをしている姿を見ると、ただただ嬉しくて顔がニヤけて、カッコいいぜ!!って惚れ直す。

今夜も良いステージでした!!

ライブ後、友人の旦那であり私のネトモでもあるwモツ君、six-dogに出入りしているハタチの若手バンドメンちゃん達、デザイナーあさのんらと連れ立って、6犬さんに牛丼おごって頂いた。6犬さん!ごちそうさまでしたー☆ そして、ある話の流れでモツくんに「おめぇキモイ〜〜!」と言ったのに、何故かウヘへと喜んでいたのが印象的でした(笑)…ドM??(彼の捏造のブログにも、何が真実か分からなくなるレポが載っています。ちなにみ私は赤いハイヒールなんぞ持っておりませぬw)



【10月某日/その2】
tamotu今夜もsix-dogへ。連日て(笑)今日は6犬さんとモツ君が一夜限りの企画バンド「黒タモツ汁」(あまり口に出して言いたくないバンド名w)として登場するので。昨日顔出した際に「お前、明日も来るんだろ!?」とか「こけももさん、明日来たら僕も出るのに!(モツ君)」などと言われ、しょうがなく行ってきました。というのは嘘でw、モツ君のロケンローなギターはホント好きだし、応援したいと心底思う。好きな音楽やることもバンドとしてやり続けることもいろいろ大変そうだけど、ゴリゴリッと骨太なロックを続けて欲しいなー。

今夜はビール一杯呑んで、一番最初の「黒タモツ汁」だけ見て帰宅→仕事。全くギター弾けないくせに、グレッチが欲しくてしゃあなくなった。カッコいいぜ、アレ。



【10月某日/その3】
夕方、寝不足続きで目の下にできたクマを無理矢理隠し、自転車(ママチャリ)かっとばして池下・UP SETへ。思いっきり月末…ただの「好き」なバンドなら諦めたけど、「めっちゃ好き」な怒髪天だったので、ハイ!もうすいません!!って色んな意味で謝りながら、ちゃっかり2列目確保(笑)急なお誘いに快くノッてくれたカメラマンの友人トンさんと、ほぼ2年ぶりの再会にあれこれ近況報告しつつ、『健康』について深く語らう…。嗚呼、元気がありゃなんでもできるっちゃー、ホント良く言ったもんだ。
対バンのスタンスパンクスは初見。モッシュでボコボコな激しい盛り上がりっぷりだったのもあって、次の怒髪でもダイバーが出没するという、いつもと違う熱さ加減。客層が違うとノリも変わる!?そんな激しい怒髪もめちゃくちゃ楽しかったー!

終演後、TWIMのハンマーさんと「はじめまして」のご挨拶をさせていただく。共通の友人・編集人あいたんを通して、話にはお互いうかがっていたんです。「新曲の“ドンマイ・ビート”、かっこよかったねーーw!!」なんて話で盛り上がれたし、トンさんも「怒髪ハマりました!」っつって次の1/25のワンマンのチケット買って一緒に行くことになったし!好きなコトで一緒に騒げる仲間が増えるって、やっぱりスゴく嬉しいね。

その後トンさんと2人であんかけスパ屋さんへ。帰って翌々日の朝までノンストップ☆お仕事(notひばりくん)。真っ白い灰になった(笑)