北海道のライジングサンでこんなコトがあっただよ〜的な思い出日記を、つらつらと自己満足に書き残します。もっと簡潔にするつもりだったのに…思い出してたら結構な量になってしまった(笑)
セットリストなんてもんは書いてございません(一部除く)。リンクも気侭、明記されている時間は大体。本当にお暇な方、興味がある方ご覧下さい。…長いのでボチボチと、お茶や酒でも飲みながら。つまんなかったら切り上げて、思い出したらまた読んで。
【17日】
名古屋空港を朝8時前に出発し、開場の11時頃には入場ゲート前に居た。北海道・石狩は微妙に曇り空。12時過ぎにようやく会場入り。テントを張って15:00、開演の時間を迎える。

テントから一番離れている『EARTH TENT』へ「マキシマム・ザ・ホルモン」を観に行きたかったが、30分近く歩くのもなぁ〜…と、体力温存を考えて諦め、女4人で『RED STAR FIELD』の「SAKE ROCK」観ながら遅い昼食。ビールで乾杯!タコライスうまし!ハマケンかわいい!腹巻きキュート!!そのまま次の「ハナレグミ」。“音タイム”で気持ちよく始まり、途中“家族の風景”で初・蝦夷泣き(笑)。そしてスチャダラの登場で“今夜はブギーバック”!大興奮!“明日天気になれ”でほんわか気分で終了。

砂埃がすごく、風邪気味だったのもあって喉の様子が変。。うがいをしながらメインのデカイ『SUN STAGE』まで移動。シートサイトで座って「井上陽水」さんを観る。空は良い感じに夕暮れ色、それと同時に気温がグンと下がる…下がる…寒い。。モーレツ寒い。“リバーサイドホテル”“少年時代”“氷の世界”が聞けて幸せ!と感動にひたりつつも、熱い心とはウラハラに唇がチアノーゼのような青紫に。命の別状を感じるほど震えが来たので、“最後のニュース”を聞きながら独りテントに戻る((((;゚Д゚)))。途中、温かい柚子茶を売る屋台を発見!わーい☆注文しようとしたら…声が出ん。。。ヤヴァイ。

スノーボーダーの妹に借りた雪山用発熱下着とフリースをモコモコと着て、テントでアイドリング。しばらくしたら身体が暖まって多少元気に。でも氣を抜くと寒気がくるので、負けてたまるかと気合いを入れ直し、うがいをしながらトコトコ歩いて『RED STAR FIELD』へ。
19:20、「オッパイは〜おとうちゃんのためにあるんやないんやでぇ〜♪」と「ソウル・フラワー・ユニオン」登場☆始めは体調を考えて大人しくしてたけど、会場…というか、まるで地球全体が揺れているような超大盛り上がり!!気がつけば我を忘れて踊ってた(笑) 最っっ高にかっこよかった!めっちゃ好きになった!!“満月の夕(ゆうべ)”が心に沁みた。。

あ〜あ…えらい汗かいてまった。冷えたらこりゃ熱出るわ!と思い、急いでテントへ戻る。途中、右側にものすごい長蛇の列を発見。何事かと思いきや、『GREEN OASIS』(唯一の屋内ステージ・キャパ小さめ)のスカパラ入場待ちでした。こりゃ絶対入場規制かかるよなぁ…不憫に思いながら、横をすり抜けてテントへ急ぐ。陽水さんを見終わって戻って来てたみんなから、最後に“傘がない”をやったことを聞く。。泣けるぜ。。「ソウルフラワーのやってるステージへ入って行く人たち、みんな踊りながら流れ込んでいってて、めちゃ楽しそうだった〜(笑)」とユウちゃん。そうだよーーー!最高に楽しかったも〜〜!

寝る支度をしていたら、近くの『BOHEMIAN GARDEN』でやっている濱田成夫さんの朗読会の声がやかましいだけだったので、げんなりする(汗)その後、竹中直人さんの歌声が聞こえてきたので急いで駆けつけたら、一瞬だけ観れた☆残念だけどうれしー。
21時過ぎ、坂田とヤベの男組がKEMURI、達也さん、スクービーを観に行くというので、断腸の思いで見送る…
23時、熱が出ないことを祈りつつ就寝。


【18日】
6:00。目一杯厚着して汗かいて寝たので、気分爽快!けっこう元気!でも声は「場末のバーのママ」状態のまま。とりあえず熱出なくてよかったー。二度寝したがテントの中が暑くなって7時に起きる。良い天気!その分、放射冷却で今夜は冷え込みそう。
朝食を食べて10時、女4人で石狩市内を巡回する観光バスに乗って、『えりの湯』へひとっ風呂浴びに。同じ考えのキャンプ組が多く来ていて、ちょいと混雑。前々から「5分で風呂入る練習しときゃあ(しておきな、という名古屋弁)」とアッコから言われていたので、まさにその技を活かす時!見事なカラスの行水を披露したったぜ!(それでもマホ姉の方が早かった…)
他の3人は名物ソフトクリームを食べたりゆっくりして帰りたいというので、13時からの「勝手にしやがれ」を観に一人で勝手に帰るw。

時間ギリギリで『RED STAR FIELD』に到着。「勝手にしやがれ」スタート!うっぎゃ〜〜〜しっぶぅぅぅ〜〜!!“愚か者”でチビリそうになる。その後、そのまま「レピッシュ」を観る予定でしたが…北海道の空の下、大きなステージで熱唱するさわおさんが観たくなったので、やっぱり『SUN STAGE』へ移動!14:30、「the pillows」オープニングが“この世の果てまで”で、うきゃーーー頭クラクラ!!オリャー!っと勢いでかなり前の方まで行ってはみたものの、チン子率が高くて見上げども動けども、猛々しい野郎の頭や背中ばかり。。埋もれて見えーん(TДT)しょうがなく、ちょっと離れてみる。めっちゃ聞きたかった“LITTLE BUSTERS”が始まって、こっちを選んで良かった!!!と身が震えた。“スケアクロウ”も“ハイブリッドレインボウ”も良い曲だね〜〜〜〜〜〜!!!(泣)個人的には“MY FOOT”聞けて感動。。嬉しかったよ〜〜〜。

大盛り上がりのままピロウズが終わって15:30、お腹空いた。。風邪薬も飲まなくちゃ…と思いつつ、ちょっと歩いて初めての『EARTH TENT』へ。これまた初めての「ミドリ」登場。なんとアングラな!しかもボーカルが現役女子高生?すごいなーほとばしっとる!!しばらく観た後、空腹に耐えれずひとり昼食。ジンギスカン丼うまし!そしてソフトクリームも食べる!だって石狩に残ったみんながひそかに羨ましかったんだもーん。。ミルク濃厚!満足!!

…冷える。
でも美味かったから良い。後悔は死んでもせんぞ。
ぶるる。。

16時半、Tシャツのまま18:30までベンジーを観るのは不可能…というかもう寒い。いったんテントへ戻って防寒対策をすることに。
テントに戻ったらアッコがグロッキーで倒れてる。ライジング前日から昨晩も、興奮と緊張(?)でほとんど寝れてない彼女。銭湯から帰ってきた後もしんどくてライブへはほとんど行かず、かといって寝る事もできずにテントで倒れていたらしい。「うち、1年間楽しみにしてたのに、なにしに来たんだろう…」あまりに不憫。。よっしゃ、おばちゃんが足揉んだる!クリームとツボ棒、持って来て良かったよ。元気が出るか眠たくなるかのどちらかになると思うけど、とりあえず痛いから我慢せい。

…静かなテントサイトに、しばらく絶叫が轟きました(笑)
だって膀胱のツボがパンパンなんだもん!!いかんよーホントに!

18時頃、ユウとマホ姉が「BIGIN」観に出かけた。19時「少しスッキリした〜寝る〜」というアッコをテントに残して、すぐ近所の『BOHEMIAN GARDEN』へ。

20:15〜「The Birthday」から24:00頃までは、「Planet Kyu」。ドラムのキューちゃん出ずっぱりの“キューちゃん祭り”が、私にとって最高の思い出となりました。

まずは「Birthday」。かなり前方にいたけど、あまりに人が多くて押し合いへし合いのプレス機状態。。身の危険を感じ、“アリシア”聞きながら後退。も〜曲が聞けりゃいいや!と、近くの屋台でカレーとビールを注文し、芝生に座ってのんびり鑑賞。チバの声って好きだなぁ。終盤、矢沢さん(永ちゃん)のステージ見終わった組の行列がどんどこ押し寄せてきて、『ボヘミアン』がどえらい人混みに。こりゃたまらん。人の流れと逆に歩いてボヘを出て、少し離れた『MOON CIRCUS』のトイレまで散歩。案の定空いててラッキー。用を足して戻ったら人も引いていて、今度は切なくなる。なんだよー“キューちゃん祭り”観てけよ〜〜!!その後MJQのミチロウさんの叫びに鳥肌&山本さんの渾身のギターに釘付け。。ものすごい衝撃的だった。存在や魂がロックって、こういうことなのかなって肌で教えられた気分。YOKOLOCO BANDのうつみようこ姉さんにも惚れた!!!めっちゃくちゃカッコいいーーー!憧れるよぉ〜〜!!曲も最高!いやはや…自分の知らない名曲、名バンドのなんと多いことか。もっともっと出会いたい。聞きたい。触れたい。

そして道産子の道産子による道産子のための、一晩限りのステージ「EZOIST」。
メンバーは
Vo/兄ィ(怒髪天)、さわおさん(the pillows)、よっちゃん(METALCHIKS)
Drs/キューちゃん(The Birthday)
G/真鍋さん(the pillows)TAKUROさん(GLAY)
B/JIROちゃん(GLAY)
飛び入りで、スカパラの酔いどれ谷中さん、祭太郎さん(ジェームス小野田的働きとしてw)

兄ィが、細川たかしさんの「北酒場」 を熱唱してスタート!こぶしまわしまくり!本領発揮!!!
その後、兄ィが松山千春さんの「長い夜」を。
よっちゃんの「夏祭り」(JITTERIN'JINNは奈良なので、Whiteberryか)。
ビールをこぼしながら飲んでるヘベレ・ケレレなさわおさんが、中島みゆきさんの「悪女」を披露!(中学時代からカラオケで歌っているそう。おお〜!おいらも十八番!!歌詞暗記してるぜ!)
そして兄ィが安全地帯の「ワインレッドの心」を歌い、途中さわおさんが玉置さんの物まねで歌うハズだったパートをRSR主催・WESSの若林さんが歌ったため、終わった後嘆いてらしたw 
最後は北島御大の「祭」をみんなで大盛り上がりで歌い、シメ!!

想像もしてなかったありえんメンバーで、しかも演目がこれってwww!!楽しすぎて笑い過ぎて、ほっぺが痛かったw。なんとも貴重かつ超豪華すぎる贅沢カラオケ大会を、まなこと脳裏に焼き付けました。会場の盛り上がりはもちろん、メンバーのみなさんが終止ニッコニコで本当に楽しそうで、観てるこちらも幸せな気持ちに。出演者も観客も一緒になってのバカ騒ぎ、まさに「祭り」なひとときでした。

フラッフラの最高の気分でテントに帰ったら、みんな集まってまったり中。EZOIST凄かったねー!と、爆笑w 音は聞こえてくるんだけど所々トークが聞こえなかったというので、興奮冷めやらぬまま細かく説明する。アッコは北酒場が始まって、テントで一人爆笑したそうなw  アレ聞こえてきたら、寝れないよね〜w  っていうか、おいら一人めちゃくちゃ元気なんですけど!なんだなんだ、みんなテンション低いな!そして声は性別不可能なくらいガラガラに。しまった、EZOISTではしゃぎすぎた…w
午前1時。お腹空いたのでマホ姉と『RED STAR FIELD』の方へ。案の定めちゃめちゃ寒い。。Tシャツの上にバスタオルなどをはおってブルブル震えてる人、けっこう多いのね。。「FRICTION」を遠目で観ながら、温かくて美味なうどんとじゃが揚げを2人でウマウマ。そのまま『SAN SRAGE』へ。「やっぱりラップはわからんのう」と震えながら、シメの「Cocco」さん待ち。。寒さと疲労に襲われ、魂が抜けそうになる。Coccoが始まるちょっと前にテントに残ってたみんなも来た。

4:00。朝焼けの空の下、のびやかに響き渡ったCoccoの歌声。美しくて、切なくて、感動して泣いた。しかも結構昔の曲やってくれたのも嬉しかったなぁ。“カウントダウン”とか…懐かしい。
あの朝の空気と空の色にぴったりな、透き通る声を忘れない。

テントを片付ける時間を考えて、Coccoさんを途中で切り上げることに。後ろ髪を引かれながらみんなでテントへ戻る。一目でもトリの「曽我部恵一バンド」観れたらいいねーなんて言ってたけど、バタバタと片付けてたらあっという間に終わってしまっていた。

朝7時10分。意気揚々と入って来たゲートをヘロヘロになって出て、07年のライジングが終わりました。
今年の私のベストアクトは…「Planet Kyu」!!キューちゃんありがとう!!沢山のかっちょいいバンド&バンドメンに出会いましたが、今回はダントツでキューちゃん惚れ!!キューちゃんのドラムに痺れた!!あぁーもう、最高に楽しい「ボヘミアン」でした!!!

来年のライジングにも、ちゃんと行けるように貯金してかなきゃ。あと35×日?楽しみだーー!