2a9614bc.jpg先日友人坂田っくんが伊勢海老を持って来てくれた際、せっかくなので二人で覚王山の参道祭りを見に行きました。「今年は梅酒を漬けたいんだよ〜」なんて話していたら、ちょうど青果を売る屋台の店先で梅を発見。あんまり青くなかったけど、3kg弱で1000円というので思わず衝動買い。そのままいそいそとスーパーで広口のビンと氷砂糖を買ってウキウキで帰ってきました。一人で漬けるには梅の量がちょっと多いので、「君も漬けなよ」と半強制的に勧め、梅と氷砂糖を坂田と半分こ。彼は行きは海老を、帰りは青梅を背負って帰っていきましたw。

で、早く漬けよう!早く漬けたい!と思いつつ、この10日間アホみたいに忙しかったため、そのまま放置プレイに。。でもその合間に梅を漬けるお酒『ホワイトリカー』の事を調べてみたんですが、じつは限りなくエチルアルコールに近いものだって知ってました?一年間もしくはそれ以上貯蔵するのは、ホワイトリカーというエチルアルコールが飲みやすくなるを待っているだけで、その間に梅のフルーティーな香りは消滅していってるのだそう。そんな〜。。じゃあ旨い梅酒漬けるためにええ酒買ってやろうじゃないの!と奮発してネットで購入したのが、梅酒を漬けるためだけにつくられたお酒、その名も「梅酒用純米原酒」。半年〜1年でたまらなく旨い梅酒ができるのだそう。わーお。

そしてようやく今日、ちょっと心にゆとりができたので「梅を洗うぞ!漬けるぞ!」とはりきって袋を空けたら…梅が全部真っ黄色になってる…痛んでぶちゅってなってるのもある…。。。

くやしい。。

もう絶対今日こそ漬けるんだー!と勢いでスーパーにでかけ、1kg1000円(高い!)の真っ青な梅を購入し、ようやくビンに詰めることができました。

あ〜〜、スッキリした。

はたしてどんなお味になるんでしょうか??想像つかなくて、めちゃんこ楽しみデス☆
もうひとビンくらい漬けたいなー。